技術サービスServices

海洋資源環境研究所

海洋資源環境研究所はエネルギー資源及び生物資源を対象とした新技術の調査及び企画し、その開発を行い、市場に導入することを目的として設立いたしました。 当研究所は、エネルギー資源及び生物資源に有用な技術を開発するために、現在、すでに市場に導入され成功している事例を調査し、将来的に開発が期待される技術について検討・研究を行います。 さらに、エネルギー資源及び生物資源と環境の関係についての現存する知見に関して調査し、新技術が期待される分野を研究開発する部門です。


所長の山崎秀勝(東京海洋大学名誉教授、上海海洋大学特別教授)は、これまで海洋微細構造(乱流・拡散過程)を中心に研究を行い、物理過程のみならず、動植物プランクトンなどの生態系と物理環境との関係について調査・研究を行ってきました。 特に、近年、プランクトンの微細な分布状態が魚類を含めた生態系の動態に大きな影響を与えることを明らかにしてきました。 本研究所においてはこれらの基礎的な知見を応用的な技術の開発を目指し、藻場再生等の海洋資源の回復、水産業の発展及び洋上風力発電等再生可能エネルギーや脱炭素化社会の実現に向けた取り組みを続けてまいります。

ページの先頭へ

所長紹介

山崎 秀勝

Ph.D., Texas A&M University Major: Ocean Engineering

アルファ水工コンサルタンツ シニアフェロー

上海海洋大学特別教授(Distinguished Professor)

東京海洋大学名誉教授(Emeritus Professor)

研究分野

主に植物プランクトン及び動物プランクトンが生息する物理環境を二つの視点にたって研究しています。 ひとつは、プランクトン個体レベルの物理環境(乱流・拡散等)がプランクトンの生態及びその分布に及ぼす影響についてです。 ふたつ目として、乱流と諸現象(内部波や海流等)との関係について研究しています。さらに、魚類などの大型の生物の分布状態と物理環境との関係についても調べています。

主な論文
  • 1) Tanaka, M., A. Genin, Y. Endo, G.N. Ivey and H.Yamazaki, 2020: Modulation of demersal zooplankton migration by turbulence: evidence from the North Pacific and the Red Sea. Limnology and Oceanography, DOI: 10.1002/lno.11646*

  • 2) Chen, B., E. Masunaga, S.L. Smith and H.Yamazaki, 2020: Effect of diel migration on zooplankton dispersion and patchiness. J. Oceanogr., doi.org/10.1007/s10872-020-00564-4.

  • 3) Priyadarshi, A., R. Chandra, S.L. Smith and H.Yamazaki 2021: Environmental heterogeneity enhances transfer efficiency in a model of the food chain from plankton to fish. J. Mar. Sys., https://doi.org/10.1016/j.jmarsys.2021.103555*

  • 4) Priyadarshi, A., R. Chandra, M.J. Kishi, S.L. Smith and H.Yamazaki 2021: Understanding plankton ecosystem dynamics under realistic micro-scale variability requires modelling at least three tropic levels. Ecological Modelling (submitted)*.

ページの先頭へ

業務実績

コラム

近日公開